審査に通らないからには必ず理由がある

どんな審査であっても融資の審査に落ちるのはショックな事かもしれません。ですが、お金を貸す以上は返済能力がちゃんとある人に貸したいのが企業側の考えなので、駄目と言われればそれは仕方のない事ではありますが、そこには必ず駄目だった原因が存在しています。

 

ですから、正社員で働いているし安定した給料があるのだから絶対に大丈夫だと思ってキャッシングの審査を受けても通らないという事は実際にあります。審査に通らなかった理由として考えられるのは以下のいくつかの点です。

 

年収に対して希望した金額が大きすぎる

返済能力と一言で言っても、収入があるのだから返済する能力があるとは言い切れません。消費者金融や信販系の貸金業者には、貸金業法で定められている総量規制というルールが存在しています。この総量規制では収入の3分の1を超える融資を禁じていますので、審査の際にはこの規制の範囲に収まるかどうかがまず重要なポイントとなります。

 

年収300万円の人であれば100万円が借りられる限度額です。これを超えた融資は貸金業者でのキャッシングの場合には不可能です。もしも年収300万円の人が100万円以上の融資を希望した場合には審査には通りません。また、その他の貸金業者からの借り入れ額と、新たに借り入れようとしている希望限度額の合計額が収入の3分の1を超える場合にも融資は不可能とされてしまいます。

 

消費者金融ではこの総量規制がある関係で、希望限度額が50万円を超える場合や、希望限度額と他社からの借入額の合計が100万円を超える場合には収入証明書の提出が必ず必要になります。銀行は総量規制の対象外なので、収入証明書が必要になる限度額はもっと高くなりますが、審査でしっかりと返済能力について検討されますので、どちらにしても収入に見合った融資となるに違いはありません。

 

このように、借り入れられる額というのはその人の収入に大きく左右される事になりますので、必要以上に高い限度額を希望してしまうとどんなに収入があっても審査に通らなくなってしまう事があるのです。

 

勤続年数が短い

キャッシングの場合には、高額のローンほどには勤続年数の長さを求められるとは限りませんが、長い方が有利である事は間違いありません。勤務先が不安定だと、仕事がなくなってしまって突如返済が不可能になってしまうというリスクがあります。

 

そのため、同じ会社に長く勤務しているという事実は、その先も勤務しつづける可能性が高いと判断できますので安心材料となります。消費者金融などの場合には、たとえ数カ月しか勤務していなくても直近の給与明細書等があれば審査には通る可能性がありますが、銀行カードローンの場合には貸金業者に課されている総量規制の適用がない分、勤続年数におけるウエイトは高めです

 

正社員なのかそうでないのかという雇用条件についても、審査に影響がないわけではありませんが、どちらかというとどのような雇用条件であっても安定して勤務しているという実績の方がより信用を得る事になるでしょう。

 

既に多重債務状態

1社での限度額を小さくして、何社からも借り入れをしてしまうという事は物理的には可能ですがとても危険な事です。そもそも1社目での借り入れでは足らずにさらに借り入れをしているという段階で、現状の生活が収入の範囲を超えてしまっています。

 

まして複数社での借り入れが他社への返済に充てられている状態なのであれば、そのまま返済し続けるのはほとんど無理に近いかもしれません。ですから、いくら借金の総額が収入に対する限度額以下であったとしても、複数社からの借り入れがある人に対する信用は低くなりますので、審査には通らない可能性があります。

 

金融事故を起こしている

俗にいうブラックリストというものですが、実際はそのようなリストは存在せず、個人信用情報機関に記録されている情報に基づいて審査で判断します。この情報は過去5年間の借金の状況が記録されていて、どこでいくら借りて毎月きちんと返済しているのかどうかも全て確認する事ができます。

 

もしも過去に延滞を続けてしまった事があって金融事故として記録が残っているのであれば、それがたとえ何年か前の事であって現在はきちんと返済していたとしても、新たな借り入れは絶対に無理です。以上のように、審査に通らないには必ずその理由があります。

 

個人の信用情報に関しては、自分で見る事ができます。国内にはJICC、CIC、KSCと3つの信用情報機関があり、それぞれの機関によって開示の手続き方ほうが異なります。有料にはなりますがインターネットならばでその場ですぐに確認できますので、気になるようであれば開示請求してみる事をおすすめします。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日