キャッシングする場合年収と勤続年数はどれくらいあれば安心?

結論を先に書くとフリーターでもキャッシングできます。ただフリーターの場合は年収だけでなく、勤続年数も重要な審査ポイントになってくるのです。勤続年数が長くなれば長くなるだけ有利になり、年収が少なくてもカバーすることも可能です。

 

ではなぜフリーターがキャッシングする場合、勤続年数が重視されるのでしょうか?フリーターの場合、勤続年数が短すぎるとすぐに辞める可能性がありまたクビになる確率も高いので、貸す側としては不安になってしまうのです。

 

勤続年数が長くなると職場のリーダー格になっている場合が多く、辞める可能性が低くなりますし、またクビになるリスクも著しく低下します。以上のことからフリーターの場合、勤続年数がキャッシングの審査で重要視されるのです。

 

パートやフリーターも利用できるカードローン!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

年収と勤続年数はどれくらいあればフリーターでもキャッシングの審査を通過できますか?

キャッシングを利用したいと考えているフリーターの皆さんが常に知りたいと思っていることだと思います。実際のところ、「1年以上同じところに勤めている」「年収が100万円を超えている」以上の点を満たせば理想的だと言えるでしょう。もちろん業者によって基準は上下しますけど、これぐらいを満たせばだいたいキャッシングが可能となるはずです。

 

個人情報がキレイであることがポイントになります

年収や勤続年数も大事ですが、まず個人信用情報に問題がないことが大前提となります。返済の遅れや延滞、クレジットカードの強制解約履歴、自己破産などの債務整理の記録などキャッシングに関するあらゆる情報を集めたのが個人信用情報です。

 

仮に自己破産や任意整理をしたことがある場合、この個人信用情報に一定期間その旨が事故情報として記載されることなり、これがいわゆるブラックリストとなります。ブラックリストに載った場合、年収や勤続年数が基準を満たしていても、どこの業者も審査を通さないでしょう。これはフリーターだけでなく、正社員でも同じです。

 

他社からの借入もポイントです

他のキャッシング業者から既に借入がある場合も審査が慎重になる原因となります。借入総額、借入件数などが基本となりますが、その中でも借入件数が影響を最も与えるようです。普通なら借入総額の方が影響が大きいような感じがしますけど、借入総額が多いということは他の業者が申込者の返済能力を信用している証拠となるのです。

 

そうでなけば同じ人が多額のキャッシングをできる訳ありませんから。このように借入総額に関しては問題とされませんけど、借入件数は別です。仮に多重債務の状態になっているのなら、当然キャッシング審査も通りにくいですので、おまとめローンなどで借入先を一本化し、借入件数をできる限り少なくしたうえで審査を受けるようにしましょう。

 

銀行系のカードローンより消費者金融のキャッシングをフリーターは狙うべき

 

銀行系のカードローンだってフリーターも利用できますが

利息を考えると銀行系のカードローンの方が魅力的に見えるかもしれませんが、銀行系のカードローンは審査が厳格で、フリーターが早く確実に借りるなら消費者金融の方を選択すべきでしょう。消費者金融は職業をそれほど重要視せず、クレジットヒストリーと呼ばれるキャッシング歴の方を重要視します。このクレジットヒストリーが良好ならアルバイトでもフリーターでも評価が高くなる、それが消費者金融なのです。

 

返済できるか怪しい正社員よりも、これまで返済の実績があるフリーターの方が好ましいということです。ただし正社員の方が有利な点も当然存在しますけど。フリーターの場合は何よりクレジットヒストリーが重要となってきますので、クレジットヒストリーが大丈夫な人は消費者金融の審査に申し込んでみましょう。

 

収入証明書はフリーターも必要ありません

銀行系のカードローンにしろ、消費者金融にしろ、フリーターがキャッシングの審査で収入証明書を求められることはまずありません。銀行系のカードローンなら一部の例外を除いて300万円まで、消費者金融の方は50万円までの借入なら収入証明書はいらないはずです。

 

フリーターであっても一定金額まで所得証明書を用意すること無くキャッシングできるのは、源泉徴収票をすぐに準備できない方には朗報なはずです。ただ信用度が低いと業者に判断された場合は、例外的に収入証明書の提出を求められる可能性があることを忘れないでください。

 

独自審査する業者はパスするべき

クレジットスコアが低いフリーターの方でも業者によっては審査を通ることがあります。それは独自審査を行っている貸金業者です。ただこのような独自審査をする業者からの借入はやめるべきです。独自審査をするということは個人信用情報と違う尺度で審査するということです。そのため個人信用情報に自己情報がある方にはモッテコイと言えます。

 

でもこういう業者の場合、借り手の弱みに付け込むが常で、法定金利ギリギリの金利で貸す業者が多く、また大手と違って銀行やコンビニに設置してあるATMで返済できません。また返済手数料も取られることが多いのでできれば避けるべきです。ここまでフリーターの方がキャッシングの審査を通過するポイントを書いてきましたが、これがあなたの助けになれば嬉しいです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日