正社員と派遣社員でのキャッシングの審査の違い

派遣社員のキャッシング審査はいったいどのようになっているのでしょう。基本的な審査方法は正社員の場合とほとんど同じです。ただ、派遣社員の場合は在籍している職場と実際に仕事をしている職場が違うのが殆どですから電話での在籍確認が所属する派遣会社なのかそれとも派遣されている会社なのかという違いがでてきます。

 

また、場合によっては両方に在籍確認がある場合もあります。その他、正社員と派遣社員を比べた場合、「勤続年数」がかなり重要視されるでしょう。理由としては派遣年数が長ければ長い程、契約を解除される可能性が低いとみなされ信用度が高くなると解釈されるからでしょう。

 

パートやアルバイトも利用できるカードローン!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

勤続年数が要、派遣社員のキャッシング審査

派遣社員の審査において重要視される事柄は勤続年数だけでなく年収や借入状況もちろん重要視されます。しかし、正社員に比べると遥かに勤続年数が重要視されるのは確かです。やはり、融資する側も返してもらう事が前提ですから派遣切りなどで派遣契約が解除される事は避けたいわけです。

 

ですから、「派遣年数が長ければそれだけ解雇になる可能性が少ない」という判断になります。その結果、派遣社員は勤続年数が重要視されているのです。また、フリーターも同じような理由で勤続年数が重要視されています。フリーター、アルバイト、パートの人はやはり正社員に比べると解雇になるリスクが高いと考えられています。

 

しかし、フリーター、アルバイト、パートでの従業員も長く勤めていた場合、正社員よりも難易度の高い仕事をこなしている場合があります。これは最近、人件費を安く済ませるために正社員の代わりに派遣社員やフリーター、アルバイト、パートなどを雇う事業所の増加でこういった傾向が見られているようです。

 

その結果、職場で派遣社員、フリーター、アルバイト、パートの人が仕事での需要な役割を担うようになってしまい、事業所側も簡単に解雇にすることができないといった状況になってしまいました。このようなことから、キャッシングの審査では勤続年数が長いと信用が高くなったのです。

 

このように派遣社員やフリーターにとって勤続年数というのはキャッシングの審査においてかなり重要なポイントになっています。しかし、正社員や公務員になると勤続年数は派遣社員やフリーターに比べるとそれほど重要視されません。

 

その理由として公務員の場合に勤続年数が短くてもよほどのことがない限り解雇になるような事はないという実態にあるでしょう。また、正社員の場合、絶対に解雇の可能性がないとは言えませんが、いきなり解雇になる事はまずありません。

 

このような理由で正社員や公務員と派遣社員やフリーターなどでは勤続年数の重要度に違いがあるのです。ですから、派遣社員やフリーターにとっては勤続年数=安定性の目安と考えられているのです。

 

派遣会社と派遣先、申告はどっちの職場?

派遣社員は登録されている派遣会社と勤務している派遣先とが別々なのが一般的です。そのためにキャッシングの申し込みの時の勤務先情報の記入もどちらにすべきか考えるでしょうし、在籍確認の電話もどちらを申告するべきなのか考えてしまう人も多いでしょう。

 

まず、勤務先情報ですがこれは登録している派遣会社の方を答えるのが一般的な様です。年収などの貰っている金額、従業員数も派遣会社の方を答えてください。業者、銀行側も申込者の手間を減らそうという意図があるためにこのように派遣会社のみの記載としている所が多いです。

 

また、派遣会社、派遣先の両方の記載欄があったとしても片方は任意としている所もあります。この場合は記入した方が審査に通りやすくなるといったケースもあるようです。ただ、あくまでも一般的という事なので、業者や銀行によっては派遣会社と派遣先の両方を記入するようになっている場合もありますのでご注意を。

 

在籍確認の電話は基本的には派遣先だがケースバイケース

在籍の電話確認は基本的には派遣先の会社にかかってくる場合が殆どです。ただし、業者や銀行によってももちろん変わりますが、派遣社員の働く状況によっても変わります。派遣先に確認の電話をしても意味がない(例えば日替わりで勤務先が変わるような)場合は派遣会社の方に在籍確認の電話が行くでしょう。

 

逆に、フルタイムで同一場所への派遣の場合は、派遣先で確認した方が確実でしょうから派遣先での確認となります。上記のように、派遣先では確認の取りようがないという場合以外、在籍確認はほぼ派遣先にかかってくるので派遣会社への在籍確認はまずないと考えて良いでしょう。

 

どうしても確認を派遣先ではなく派遣会社にしてほしい場合

基本的に難しいです。借入者の信用度、借入金額によっては在籍確認なしでという形でのサービス提供になるかもしれません。これはあくまでも「利用者の満足度の低下」を防ぐための措置です。全ての利用者に当てはまるケースではありません。

 

基本的に在籍確認をするしかないのですが「借金の事実を第三者に知らせてはならない」という法律もあります。ですから、業者側も別の形式で確認を取るといったような体裁をとる場合もあるでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日