職業の雇用形態別にキャッシングの利用詳細を解説

 

結論を先に書くとフリーターでもキャッシングできます。ただフリーターの場合は年収だけでなく、勤続年数も重要な審査ポイントになってくるのです。勤続年数が長くなれば長くなるだけ有利になり、年収が少なくてもカバーすることも可能です。ではなぜフリーターがキャッシングする場合、勤続年数が重視されるのでしょうか?フリーターの場合、勤続年数が短すぎるとすぐに辞める可能性がありまたクビになる確率も高いので、貸す側と...

水商売をしていると、キャッシング審査に通らない、と言われますが、実際には違います。銀行カードローンならば、利用できないことが多いかもしれません。ですが、消費者金融、特に大手消費者金融ならば、どこでも審査基準は同じですので、どこが、誰が借りにくい、借りやすい、というようなことはありません。審査通過率は大手でも違いはある参考までに、審査通過率と言う数字を表示しておきます。これは、その名の通り、どのくら...

どんな審査であっても融資の審査に落ちるのはショックな事かもしれません。ですが、お金を貸す以上は返済能力がちゃんとある人に貸したいのが企業側の考えなので、駄目と言われればそれは仕方のない事ではありますが、そこには必ず駄目だった原因が存在しています。ですから、正社員で働いているし安定した給料があるのだから絶対に大丈夫だと思ってキャッシングの審査を受けても通らないという事は実際にあります。審査に通らなか...

派遣社員のキャッシング審査はいったいどのようになっているのでしょう。基本的な審査方法は正社員の場合とほとんど同じです。ただ、派遣社員の場合は在籍している職場と実際に仕事をしている職場が違うのが殆どですから電話での在籍確認が所属する派遣会社なのかそれとも派遣されている会社なのかという違いがでてきます。また、場合によっては両方に在籍確認がある場合もあります。その他、正社員と派遣社員を比べた場合、「勤続...

お金が急に必要になって、キャッシングの申し込みをする際に、職業や雇用形態によって審査の通りやすさなどが変わってきます。普段キャッシングとかかわっていない人ほど、こうした仕事によって審査の結果が変わってくることをご存じない場合が多いです。ということで、キャッシングと仕事の関係性について解説していきます。サラリーマンが一番安定している雇用形態は、大きく分けると正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト・パ...