債務整理を行うことをオススメします

おまとめローンの審査に落ちてしまった場合、借金を一本化できなくなりますし、借入件数を減らして新たにお金を借りて、それを返済に充てよう、と思っていた人の場合は、それらの計画がすべて崩れ去ってしまいます。

 

自分にはもうどうしようもない、自己破産をするしか選択は無い、と悲観的に思われてしまうかもしれません。ですが、すぐに自己破産を選択するよりは、一度弁護士や司法書士にご相談して、自己破産以外の債務整理を行うことをオススメします。

 

おまとめローンがダメなら任意整理をする

自己破産以外の債務整理の方法は、過払い金請求、任意整理、個人再生の主に3つです。中でも一番行われているのは、任意整理です。特に、任意整理はおまとめローンの審査に落ちた場合には、ぜひとも試してもらいたい方法の一つです。

 

任意整理って何?

任意整理は、借入先に交渉することで、借金の金額を減額してもらったり、金利を免除してもらったりと、かなり自由度の高い債務整理の方法です。自分自身の任意で、交渉内容を変えられる、ということで任意整理という名前なのですが、もちろん、交渉を承諾してくれるかどうかは、借入先に委ねられます。ですが、よっぽどわがままな内容でない限りは、大体の提案を受け入れてくれます。

 

金融機関にとっては、自己破産をされて全額貸し倒れしてしまうよりは、多少でも返済してもらえる方がマシですし、そもそも、債務整理を行う可能性を吟味した上で金利を決定しているため、任意整理をされても、大損をしないように考えられているのです。そのため、多くの場合は認可されます。おまとめローンよりも返済しやすくなることもありますので、中には任意整理をした方がいいこともあるのです。

 

交渉は必ず専門家に頼む

任意整理は個人でも可能ですが、交渉の際に自分が有利に進むようにはさせてもらえないでしょう。相談料などのお金が掛かってしまうこともありますが、専門家に相談すること、交渉を依頼した方が確実に得をします。法律関係のプロですので、業者の方よりも詳しい知識を持っていたり、交渉事を生業にするため弁舌も立ちますから、任せた方が安心できます。

 

また、相談することの利点として、任意整理以外の手段を勧められる場合もあります。当然、そちらの方が有利だと考えてくれたからです。

 

個人再生をする

中でも、任意整理があまり得策ではない場合に、勧められるのが個人再生です。任意整理も十分に得をするかもしれませんが、借金の金額によっては、個人再生の方が得をすることもあります。個人再生は借金の返済を一定期間で完遂することを条件に、返済金額を5分の1〜10分の1まで減少させてくれます。基本的には5分の1まで減少されますが、それでもかなりの減額です。

 

借金の総額が1000万円であれば、それが200万円にまで減額しますし、それを3年から5年で返済するとすれば、かなり返済しやすくなると考えられますよね。おまとめローンの場合は、そのまま1000万円の借金が残りますし、金利もかなりかかるので、数年では返し切れませんが、個人再生をすることによって、これまでの借金が減額し、短期間で返済することが可能になるのです。

 

これならば、自己破産をしなくとも大丈夫ですし、財産を失ってしまうこともないので、家や車などを手元に残したいと思うならば、かなりオススメの手段です。

 

自己破産をしても、悪い事ばかりではない

ですが、中にはもう借金の額が大きすぎる場合や、多重債務に苦しめられている、という人ならば、自己破産をするしかありません。個人再生も任意整理も効果がないと判断されれば、自己破産をするのも止むを得ません。ですが、自己破産自体はそこまで悪い事ではありませんし、デメリットがあると言えども、自分が借金から解放されることを考えれば、それも全く気にならないことも多いでしょう。

 

自己破産のデメリット

デメリットを紹介しておくと、ブラックリストに載り、10年近くはキャッシングもクレジットも利用できなくなること。20万円以上の財産は差し押さえされてしまうこと。特定の職業に就けなくなることです。借金やクレジットが利用できなくなるのは、自分自身の生活を、お金を借りることに慣れた生活を見直すための期間だと考えれば、決してマイナスではありませんし、財産も無ければ差し押さえらえれることもないですし、自己破産をしてしまうほど窮乏しているならば、持っていないことの方が多いです。ですので、これらについては、あまりデメリットに感じない方も多いでしょう。

 

就けなくなる職業

ですが、場合によっては職を手放さなければならない人もいます。それが就けなくなる職業なのですが、弁護士や司法書士などはもちろん、特に被害を被ることが多いのが、宅建主任です。不動産会社などに務めていると、職を失う場合があります。それも、自己破産をする前に転職をしておけば、被害を受けることはありません。自己破産をしたとしても、会社などに知られるようなこともありませんし、生活自体は借金に苦しんでいた時よりも楽になることの方が多いようです。ですので、あまり悩みすぎずに、自己破産をしてしまうと言うのも選択肢の一つとしては良い手段だと言えるでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日