基本的に高額ほど審査が厳しくなります

例えば10万円と30万円の借り入れでは、後者の方が審査が厳しくなります。50万円になると、30万円の場合より更に厳しくなります。これは貸し出す金額が大きくなるほど、貸し倒れのリスクも高くなるからです。

 

借り入れを行う人の収入が2000万円以上ある場合などは10万円でも50万円でも大差はないかも知れませんが、そういった人がそのような額のキャッシングを行うとは思えませんので、基本的に借り入れ額が高額になるに連れて審査も厳しくなっていきます。

 

最低限度額は10万円

多くのキャッシング会社では、最低限度額を10万円にしています。限度額とは借り入れを希望した場合に設定されるもので、例えば5万円を希望した場合でもそれ以上の限度額に設定されます。これはキャッシング会社がその金額までならこの人に問題なく貸せると判断した金額で、その最低額が10万円です。

 

借り入れを申し込んだ際に限度額がこの10万円と設定された場合は、本当にギリギリ審査に通ったということになります。大手のキャッシング会社では、在籍確認がとれるまではこの10万円が限度額の仮契約という形になるところもあります。この10万円というのはキャッシング会社から見ると、最悪は貸し倒れになってしまっても構わない額ということです。その額しか貸してもらえないということは、本当に最低限の信用しかないと思われています。

 

ですがこの限度額は利用を続けているうちに増額されることがあります。10万円と設定されてしまった場合でも、利用を続けているうちにそれが実績となり、次は15万円という感じで少しづつ増えていくことがあります。逆に利用中に返済の遅延があったり、完済しないうちに他社から借り入れを行ったような場合は限度額を減額されてしまうこともあります。

 

この減額になってしまうと、現在の借り入れ額がその再度設定された限度額を超えていた場合、その分を一括で返済する必要に迫られることもありますので注意してください。

 

無収入の専業主婦は30万円まで

本人に収入がない専業主婦の場合、基本的に消費者金融から借り入れを行うことはできません。例外として配偶者貸付という制度がありますが、これには夫の同意が必要です。また大手の消費者金融ではまずこの配偶者貸付は扱っていません。

 

ですが銀行からであれば、専業主婦でも借り入れを行うことができます。この際の限度額は30万円のことがほどんどです。専業主婦が借り入れを申し込む場合、夫との婚姻関係を証明できる住民票などの公的書類が必要になりますが、用意するものは自分の身分証明書とその書類だけです。申し込みの際に夫の会社や年収などを記入しますが、夫に連絡がいくことはありません。

 

ですので夫に秘密で借り入れを行うことができます。専業主婦の場合、このように申し込みをする条件が人によって変わることがなくほぼ一定の為、限度額も一律で30万円としているようです。また利用を始めた後の実績で限度額が上がるようなこともありません。

 

主婦にもおすすめできるカードローン!
女性におすすめレディースローン 専業主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGヘ

 

収入証明書なしでの最高額は50万円

きちんとした収入があり、信用情報にも特に問題がない人の場合、それ以下を希望した場合でも50万円の限度額になることがあります。この50万円の限度額は、収入証明書が必要ない最高の金額です。自ら希望をした場合以外でこの限度額に設定された場合は、この人はとても信用できると判断されたということです。

 

30万円の借り入れを希望した場合でも、この50万円と設定されることがあります。多い分には困ることはないので、それだけ今の自分に信用があると判断していいと思います。ですが少額の希望を出した場合は多くても30万円と設定されることが多いです。少額の希望で50万円と設定された場合はかなり信用されていると思ってもらって構いません。

 

総量規制があります

収入証明書を提出した場合でも、年収の1/3を超える借り入れは行うことができません。これは総量規制という決まりがある為で、年収が210万円であれば70万円まで、300万円であれば100万円までが借り入れを行える最高額になります。

 

ですがもちろん収入以外の面での問題がない場合に限ります。過去に返済を遅延したことがあるなど、信用情報に問題がある場合は収入証明書を提出してもそこまでの借り入れは行えないことがあります。またこれは1社だけの額ではなく、他社も含めた借り入れ総額です。年収が300万円で既に50万円の借り入れを行っている場合、最高でもあと50万円までの借り入れしか行うことができません。

 

銀行からの借り入れはこの総量規制の例外となる為、合計して年収の1/3も超える借り入れが可能ですが、銀行は消費者金融と比べて審査が厳しい為、そのような額の借り入れはやはり厳しいかも知れません。合計して年収の1/3程度が限度だと思ってください。

 

このように、借り入れを行える額は10万円が最低で、次が30万円(専業主婦の限界)、そして50万円になるとかなりの信用がないと厳しいということになります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日