男性と女性のキャッシング

最近、女性のキャッシング利用希望者が増えていますが、キャッシング審査に通るか通らないかに男性、女性は関係があるのでしょうか? 結論を先に言いますと、実は性別は関係ありません。どうしても就いている仕事や支払い能力の点で、結果的に男女に違いが出ることはあるかもしれませんが、そうした条件が同じ場合は基本的にキャッシング審査に性差はありません。

 

 

今話題のレディースキャッシングとは?

女性のニーズに答えて、最近は女性専用のサービスをレディースキャッシングなどという名称で取り扱う会社が増えてきました。女性専用のキャッシングが一般向けと何が違うのでしょうか。当然ですが、まず利用者は女性限定であること。それとスタッフが全員女性だということです。

 

実はそれ以外のサービスや金利に、一般のキャッシングと違いはありません。金利や審査の面でメリットがあるわけでもないのに、この女性専用キャッシングの利用者が増えている理由は、なんといっても「気持ち的に安心」「利用しやすい」ということに尽きるでしょう。申込時にプライベートな状況や家庭の事情を説明しなくてはならない場合に、同じ女性になら話がしやすいという心理的なメリットが大きいのです。しかし逆に言えば、女性専用のメリットはその点のみです。

 

収入のない専業主婦の場合

日本では結婚したり、子供を産んだりした女性の一定数が専業主婦になります。誰でも生活していれば時に、急なお金が必要になる場合がありますが、その時になってキャッシングしたいと思っても専業主婦には基本的に収入がありませんので、他と審査の内容が変わります。

 

専業主婦がキャッシングしようと思ったら

貸金業法2010年に改正され、「総量規制」というものが導入されました。これは簡単にいえば、貸金業者から年収の3分の1までしか借り入れができないということです。ですから収入のない専業主婦が簡単にキャッシングしたいと思ったら、一般的には「配偶者貸付」を利用するしかありません。

 

これは収入のない主婦でも、夫婦の年収の合算の3分の1までを借り入れることができる仕組みです。ですがこれには本人の身分証明書、夫婦関係を証明する書類、夫の同意書、夫の年収証明書などの提出が必要となります。提出書類が多く、審査にも時間がかかることが多いです。

 

女性にとってキャッシングのハードルが男性に比べて高いと言われるのはそのためです。それに「配偶者貸付」を受け付けていない会社もあります。ですがもちろん女性だけでなく、妻が働いて夫が専業主夫をしている場合でも全く同じです。

 

自営業・個人事業主の場合

審査に通りにくいと言われるのは女性の場合は専業主婦ですが、男性の場合は自営業や個人事業主や会社経営者の方々でしょう。

 

自営業者がキャッシングしようと思ったら

キャッシングの申し込みに対して、大抵の会社には「安定した収入があること」が条件になっています。ですので自営業者の場合は会社員などと違って、収入証明書を提出しなければなりません。具体的には本人の身分証明書、直近の確定申告書や青色申告決算書、或いは収支内訳書などです。自営業者の場合、会社員の個人などと違って審査に時間がかかる場合がありますし、金利が高めの場合もあります。

 

条件が同じ場合に男女差はあるか

上記のような場合がキャッシング審査で一般より不利になる例ですが、もし条件が同じだった場合男女差はあるのでしょうか? 例えば専業主婦と専業主夫では男性が有利になるのか? 或いは男性の自営業者と女性の自営業者では女性が不利になるのか? 基本的にそれはありません。

 

女性が不利になるケース

基本的には性差はないとされていますが、現実的にはそうでないケースもあります。どうしても女性が審査で不利になる理由は、「結婚」と「出産」です。たとえ同じ会社員、同じ自営業者でも女性の場合は結婚や出産で退職を余儀なくされる可能性があります。男性が転職や退職する可能性とは違って、女性は結婚、出産で無職=無収入になることがあるからです。また、その後復職、転職しても年収が以前よりも減少するリスクがあります。このような点を考慮する会社があるということです。

 

そうした心配がないのは大手の消費者金融や銀行カードローン

上に書いた「借り入れは年収の3分1まで」の総量規制ですが、銀行のカードローンはその対象外です。夫に安定した収入があれば専業主婦でも安心して申し込めます。また、大手の消費者金融会社のほとんどが配偶者貸付を受け付けています。また他の職業の場合でも、男性と女性のキャッシング審査基準に銀行や大手消費者金融が区別をつけることはありません。心配せずに、安心してお申し込みください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日