キャッシングは最短どれくらいで借り入れが可能?

急にお金が必要になってしまった時にキャッシングは強い味方です。最短で1時間もあれば借り入れを行うことが可能ですが、これは消費者金融の場合が多く、銀行の場合は最短でも2〜3時間は掛かることが多いと思ってください。

 

審査は最短30分でも、実際には申し込み書を記入する時間や審査が通った後の説明の時間なども含めて約1時間は掛かってしまいます。

 

最短審査時間ですぐに融資!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

消費者金融なら最短1時間!

大手の消費者金融なら1時間もあればキャッシングが可能です。審査に30分は掛かりますので、そういった触れ込みの会社でも、上に書いたように全体で1時間はみておいてください。消費者金融から最短でキャッシングをするには自動契約機の利用が便利です。50万円以下の借り入れの場合、基本的に身分証明書だけがあれば契約することができます。

 

ですが審査では在籍確認が行われます。これは申し込み書に記入した職場に本当に在籍しているかを確認する作業ですが、これがクリアできないと審査が終わりません。ですので申し込みをする時間が職場の営業時間内であることが条件になります。中にはこれを書類で代用できる消費者金融もありますので、事前にそれを確認しておくと、職場の営業時間外でも契約が可能な場合があります。

 

この在籍確認の電話の代わりになる書類とは、勤務している会社の名前が入った社会保険証と会社が発行した給与明細票です。これらの提出をもって、電話での確認の代わりになります。また自動契約機には営業時間があります。

 

午後9時まで営業しているところが多いので、その1時間前までには申し込みを行わないとその日のうちに借り入れを行うのは難しいかも知れません。出来れば余裕をもって、営業時間終了の2時間前には申し込みを行うようにしてください。書類で代用する場合を除いて、その時間に職場への在籍確認が出来ることが条件になります。

 

銀行のカードローンの場合

審査が最短30分のカードローンを提供している銀行は、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行があります。これらの銀行では大手の消費者金融並に早く借り入れを行うことも可能です。三菱東京UFJ銀行にはクイックバンクというテレビ窓口があり、これは消費者金融の自動契約機に相当します。

 

ここからの申し込みの場合、消費者金融に引けをとらないスピードで審査が終了します。また希望額が少額の場合は職場への在籍確認を行わずに融資が決定することもあり、これが申し込みから融資までのスピードが速い要因になっています。

 

三井住友銀行も三菱東京UFJ銀行に負けず劣らずの審査の速さですが、職場への在籍確認は行います。銀行のカードローンで素早い融資を受けたい場合、この2つの銀行を利用することを考えてみてください。また三菱東京UFJ銀行では専業主婦に対する融資も行っています。消費者金融では本人に収入がない場合は借り入れを行えませんが、三菱東京UFJ銀行のカードローンでは専業主婦でも30万円までの借り入れが可能です。

 

審査に時間が掛かる場合とは?

消費者金融では、審査はどれだけ長くても3時間程度です。この場合、申し込みをしたその日の営業時間中に審査が終わらないことがあります。そのような場合は後日審査が終わり次第、申し込み書に記入した電話番号やメールアドレスに結果が知らされます。

 

審査が長くなる原因は主に信用状況です。審査ではこれまでのキャッシングやクレジットカードの利用歴をチェックしますので、そこで返済の遅延や未払いがあったことが分かると、それによって審査が長くなることがあります。また他からの借り入れ額や借り入れ件数が多い場合にも慎重に審査されますので、そういった場合も時間が掛かることになります。

 

銀行ではその日どころか、審査に数日掛かることも珍しくありません。申し込みをした段階で結果は後日、と言われることもあります。すぐにお金が必要な場合は銀行からの借り入れは向いていません。どうしても銀行を利用したい場合は上に挙げた三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行を利用しましょう。

 

融資金額が高額の場合は時間が掛かります

審査では、融資を行った金額に金利を含めてきちんと返済できるかの判断を行っています。融資が高額になると、その分この判断に時間が掛かることになります。すぐにお金が必要な場合は出来るだけ少額の申し込みをすることが大切です。

 

消費者金融でも銀行でもそうですが、おおよそ30万円までの金額であれば、それが審査時間を長くする原因にはなりません。希望額を多くても30万円までにすることが、早く融資を受けられることに繋がります。銀行のカードローンの場合、初回から300万円までなどの高額な融資が可能なことがあります。ですが審査が終わるまでの時間に数日は覚悟しておいてください。

 

急にそこまでの金額が必要になることもそうは無いと思いますが、もしそのような場合は即日融資は諦めてください。このように、少額であれば充分に申し込みから1時間程度で融資を受けることが可能です。少しでも急ぐ場合は審査の早い、大手の消費者金融の利用をおすすめします。

即日融資をしたいなら、消費者金融で

キャッシングの中でも大手消費者金融ならネットからの申し込みに対応していたり、全国展開している自動契約機で申し込みをできたりするので、思っている以上に簡単に融資が可能です。

 

これまでの消費者金融のイメージを捨てよう

消費者金融は昔のイメージで言うと、取り立てが厳しいとか、高利貸しに近いというイメージがあるかもしれませんが、実際はそんなことはなく、消費者金融であっても年利20%という合法的な金利で運営されているところばかりなので、延滞金が発生したとしても、20%を超えた損害金は発生しません。

 

強引な取り立てはあるのか?

もし借金の延滞が重なり、金融会社からの連絡をいつまでも無視して延滞を続けている場合においては、自宅まで取り立てに来る場合はあります。しかし、家の中まで入るということはありませんし、取り立て自体もきちんと裁判所の同意を得て行われるので、無法者が家の仲間でずかずか入り、脅されたり品物を持っていかれるなどということはありません。

 

遅延したときには銀行のほうが厳しく催促する

お金の遅延に関しては、銀行のほうが厳しい催促があります。消費者金融のほうが遅延に関しては緩いぐらいだと思えるほどなので、審査自体のハードルも低いことから、もし今、あなたがお金に困っているのなら、消費者金融を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 

現代はネットからの申し込みが普通

消費者金融へ申し込むのは、現代はネットから簡単に行うことができます。方法としては、フォームに個人情報などを入力して送信します。そのさい、本人確認書類も画像添付という形で送信します。送信して30分から1時間ぐらいしたら、消費者金融側から回答がり、審査に通過したら自動契約機を使ってカード発行の手続きを取り、借入までスピーディーに行うことができます。なお、申し込みは夜の21時ごろまでなら当日中の回答が期待できます。

 

消費者金融で気をつけておきたいのは、職場へ在籍確認する必要が発生しますので、それだけ気にかけておく必要があります。もしも申請したのが職場の営業時間外ですと、在籍確認ができる時間帯でなければ審査ができないので、その場合は翌営業日以降にまた在籍確認があります。そして、平日の14時以降に審査結果が出た場合、または土日祝日の申し込みに関しては、消費者金融側が営業していないので、その場合は自動契約機で手続きをすることになります。

 

自動契約機なら平日以外でも土日祝日運営しており、カードがその場で発行されるので、スピードが早いのが特徴です。大手消費者金融は全国的に自動契約機を配置していますが、メジャーな会社以外は契約機を設置しているところはほぼありませんので、キャッシングをすぐに行いたいなら、大手消費者金融に申し込んで自動契約機を使うというのが一番早い方法です。なお、その場合はネットからあらかじめ申し込んでおくと、契約機の前で時間を取らされる心配はありません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日